2014年10月26日日曜日

ばね指のいやし

子どものおむつを洗う中で、ひどい腱鞘炎になってしまいました。
病院の先生より、おむつのしぼり方がわるいからと言われていました。
その痛みがずっと続きました。局部注射をしたりして、痛みを和らげていました。
時には、リュウマチになったかと受診すると、やはり腱鞘炎と言われていました。
片方の手をもう一方の手首に置いてお祈りをしました。
病院より、手術を考えた方がよいかもとか言われていましたが、
祈った次の日、痛みがないのです。きっと、また痛みがもどるよ、と思いましたが、
考えるとそれ以来、腱鞘炎と言われていたときの痛みが出る事はありません。
神様がいやしてくださいました。

zoom





0 件のコメント:

コメントを投稿