2015年1月21日水曜日

胃腸炎から守られた

先週の土曜日、
介護で体が疲れてきたなあと思ったとともに、
みぞおちのあたりにいつもある不快感が強まりました。
吐きけをともない、ゲップが出始めました。
一か月くらい前にも同じ症状が、ある日突然、強い痛みや下痢、嘔吐となり、感冒性の胃腸炎となって苦しみ、介護もできなくなってしまいましたので、
どうしよう…と不安になりました。

その時は吐き気止めを飲んでも、整腸剤を飲んでも、
なかなか直らず、点滴をして、まる一日起き上がることができなかったので、
何とか、あの状態を回避したいと思いました。

かかりつけの先生に前と同じ薬を出していただきましたが、
ふと、今教会では、いやしの集会がなされている。
電話で祈って貰おうと思いました。
しかし、電話した時は、すでに集会は終わっていました。
でも、いやしのために祈られた場所なので、
いやし主のイエス様は働いてくださると信じ、
電話に出てくださった方にお祈りをお願いしました。

果たして翌朝、
毎朝不快感や鈍痛とともに目覚めていた私のお腹は、すっきり気持ちよくなっていました。
イエス・キリストの御名を賛美します。
Joy

0 件のコメント:

コメントを投稿